女性に人気の脂肪吸引|希望者が急増している理由

女性のボディ

人気の痩身治療

ウェストを測る

ベイザー波の利用

脂肪吸引を受ければ、一生モノの細い体を手に入れることができます。なぜかというと、体を太らせる原因である脂肪細胞そのものをなくしてしまうことができるからです。ただし、皮下脂肪層には細かい血管や神経が縦横に走っていますので、それらの組織が少なからぬ損傷を受けてしまうことになります。また、技術が未熟な医師が脂肪吸引を行うと、皮下脂肪層の下にある筋肉を傷つけてしまうおそれがありますので、豊富な手術実績を持つ医師に執刀してもらうようにすることが大切です。そもそも吸引管を体内に挿入するために皮膚を切る必要がありますから、体が受けるダメージを完全にゼロにすることはできません。しかし、ダメージを低く抑えるようにすれば、術後の回復が早くなります。つまり、脂肪吸引を成功させるには、周辺組織の損傷をいかにして軽減するかという問題が非常に重要になってきます。その問題を解決する方法として、近年になり注目を集めるようになってきているのが、ベイザー波を用いる脂肪吸引です。脂肪を吸引する部位の皮膚の上からベイザー波を照射すると、脂肪細胞の細胞壁が破壊され、脂肪がドロドロに溶けてしまいます。液化した状態の脂肪を吸引しますので、周辺組織をほとんど傷つけずに短時間で手術を済ませることが可能です。出血量も減らすことができるため、ベイザー脂肪吸引が高い人気を集めています。

料金の違い

美容外科の治療は、原則的に健康保険の適用を受けることができません。なぜかというと、見た目をキレイにするために受ける治療にすぎないからです。健康保険が適用される場合、患者は治療費の2割程度を負担するだけで済ませることができます。残りの8割は誰が負担するのかというと、それは国です。わかりやすく言うと、国民が汗水流して働いて納めた税金から差額分の補填がなされることになっているのです。そんな大切なお金を、病気の治療ではなく美容目的の治療に用いるようなことはできません。そのため、治療費全額を患者が自己負担するのが原則になっています。ですから、どのような種類の治療を受ける場合でも、美容外科を利用すれば高額の料金がかかります。脂肪吸引はかなり大掛かりな手術ですので、最低でも50万円以上の料金がかかります。中でもベイザー脂肪吸引はまだ新しい治療方法であるため、一般的な脂肪吸引よりも高めの料金設定になっています。先程も述べた通り、ベイザー脂肪吸引は体が受けるダメージを最小限に抑えることができますので、高い料金を支払ってでも受ける価値のある手術です。とはいえ、少しでも安い費用で済ませたいと考えるのが当然ですから、事前に複数のクリニックの料金を比較してみるようにした方がよいです。